円安で 「どれだけ観光客が増えても」 輸入で仕入れる業界のダメージは補てんできない!

投稿日:

札幌 外食ビジネス専門家 有限会社ファインド 太田耕平
 

日本に来る、外国人観光客の数が
今年はじめて 「1200万人」 を超えた

35%も 「円安」 になっているわけで

あらゆる日本の商品やサービスが
「3割引き ~4割引き」

ある意味では、あたり前の結果でもあります。

ちなみに 「2年前 2012年と比較」 して
350万人ほど、増える!ということです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、観光客1人あたりが
国内消費で5万円使ったとして
(下記の仮定条件で考えます)

① 増えた350万人には、子供も含まれている
② 実際は1グループで、10万円以上は使うでしょう
③ 航空券 … 観光客は自分の国で購入 (日本への貢献なし)
④ ホテル代 … 観光客は自分の国で購入 (日本への貢献なし)

5万円 × 350万人 = 1千750億円

円安が貢献していると思われる

そんな業界の一例として
上記のような試算をしてみました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いっぽうで、円安によって
大変な苦労をすることになってしまった
そんな業界があります。

「外食業界」 です。

ほとんどの食材は 「輸入」 によって
各店舗のキッチンへ、仕入れれられています。

円安によって、この業界の仕入れが
10~50%も値上がりしている現実。

大手のチェーン店は
メニュー価格の値上げによって対応しているが
中小企業の飲食店や、個人経営の店舗は
そうもいかない = なかなか値上げできない。

ちなみに、この外食業界の
日本国内での市場規模は
「年間24兆円」 とも言われてます。

市場規模が 「1%ダウン」 するだけで
2400億円の売上が、なくなることになる。

市場規模が 「2%ダウン」 するだけで
4800億円の売上が、なくなることになる。

そして 「売上高の約30%が人件費」
と言われている外食業界 (業態により異なる)

仮に 「市場規模が4800億円ダウン」 すれば

その 「30%程度=1440億円」 の
日本国内で働く人たちへの、給与が支払いが、なくなります。

つまり、給与カットまたは人員削減を、せざるを得ない。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今日、お話ししたかったことは

「円安によって」
どれだけ、外国人観光客の数が増え
外国人からの観光関連売上が増えたとしても

「円安によって」
ダメージを被る、こうした外食業界の例のような
マイナスの経済効果は、けっして補てんできない!

そして、これらの現状を
なぜ、TVや新聞のニュースが解説しないのか?
かなり、疑問に思っているわけです。

<グラフの数値・出典> 日本政府観光局 (JNTO)
 
 
 

> ブログ? Facebook?
 いえ!いえ!
 … 世界に遅れること5年!

 いよいよ 「にっぽん」 も
 【 アプリ時代 】 START です。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 iPhone|Android
 わたし=太田耕平のアプリ
 < 無料ダウンロード >
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 ① iPhone ユーザーの方は下記から
 ▶ http://goo.gl/0N7AQp

 ② Android ユーザーの方は下記から
 ▶ http://goo.gl/aNZ2fE

 
 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 

 
 

-マネージメント・戦略・戦術

関連記事

no image

「リアル店舗を持つ」 ことは … 最低でも13種類の販売チャネルを自己所有した!ということ

  販売チャネルについて … もう少し考えてみませんか? リアル店舗を持つと または、多店舗展開してくると そのお店への ダイレクトな集客のことで アタマが一杯になるのですが … 実は、その … リア …

no image

★ 治安が悪くなる時間の前 … 15:00 で、クローズする 「スタバ」 がある!

  札幌北3条の ニッセイビルに入っている 「タリーズ」 さん 日曜日は、18:00 で、クローズです。 現場の方にお話を聞いたところ … 日曜日の夜には ほとんどお客さんが来ないということです。   …

no image

商業施設の内装における 「照明」 の影響力は 「凄い」 のです!

  年末恒例の … 「ガラポン」 型 「抽選会会場」 で なんだか、ちょっと 「雰囲気が違う」 … と、思ったわけです!  ★ 暗い!  … だから  ★ にぎやかじゃない! おそらく 「経費の削減」 …

no image

1年に1度しか来ないお客様への対応で、本当に大切なお客様への対応が、おろそかになるシーズン!

  1年間に1度しか来ないタイプのお客様! しかも、そのお客様は 1年間に1度しか 「繁華街へ」 出てこない。 つまり、このようなライフスタイルのお客様に お店の 「リピーターとなって」 いただくこと …

no image

小さなキッズの頃から … 「交渉すること」 教えられながら育ってくる … アメリカ人!

  小さなキッズの頃から 意見の違いを交換しながら 授業では、コーチ役の先生が メンター的な役割を担当しながら 「交渉する」 ことを 教えられながら育ってくる … アメリカ人&ヨーロッパ人! 宗教や、 …

 キーワード ページ内 検索

 「NEW」 販売パートナー制度

飲食店 ブランディング 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平 ブログ 口コミ クチコミ

 「ノウハウ満載」 専門家ブログ

 ノロウイルス対策

ノロウイルス対策 次亜塩素酸 殺菌水 酸性水 札幌 外食ビジネス専門家 有限会社ファインド 太田耕平

 Facebook