いただきます ラム|ホゲット|マトン … 違いとは?

【ご注意】このページは
「モバイル・モード」 で
ご覧ください!
このページが、小さなサイズで表示される場合は、画面をいちばん下までスクロールして 「モバイルバージョンにスイッチ」 というボタンを押してから、ご覧ください!



ラム ホゲット マトン

ラム|ホゲット|マトン
羊のお肉は、大きく3種類!
せっかく 「北海道産」 の 「希少なジンギスカン」 を食べるのなら、ほんの少しだけでも 「羊のお肉」 についての 「豆知識」 を持って、お楽しみいただきたいと思います!

さて、日本国内で 「羊の肉」 と言えば、あまりにも 「ジンギスカン」 が有名で、北海道以外の方々には、牛・豚・鶏に比べれば、はるかに出会う機会が少ないお肉かもしれません。

そして、北海道のソウルフードと思っている方には、ちょっとビックリかもしれませんが、本州などで 「羊肉=日本国内産」 と言えば、高級フランス料理店などで提供されるような、実は&実は、かなり高価な食材なのです。


さて、そんな 「羊肉」 は、大きく 「3種類」 に分けられて、区別されています。

① ラム|② ホゲット|③ マトン


① 「ラム」 とは …

「生後12か月未満」 の永久門歯がない雄または雌の羊

まだまだ生まれたばかりの子羊の事です。肉質はとても柔らかく、羊特有のクセがありません。業務用に流通している価格も、3種類の中で 「いちばん高い」 です (笑)

② 「ホゲット」 とは …

「生後12か月~24ヶ月まで」 の、永久門歯が1から2本の雌または去勢された雄の羊

肉質も、ラムに比べ赤身の色が若干濃くなり、食べた時のお肉の弾力が感じられます。

③ 「マトン」 とは …

「生後24ヶ月以上~7年位まで」 の、成長した羊肉、永久門歯が2本より多い雌または去勢された雄の羊

肉質は歯ごたえ、弾力があり、羊肉特有の香りが強く好みが分かれます。業務用に流通している価格も、3種類の中で 「いちばん安い」 です (笑)

サフォーク種

もうひとつ【サフォーク】とは …

人間にも、アフリカ系・アメリカ欧州系・アジア系など、多くの人種がいるように、羊の中にも、DNAで区別された様々な種類がいます (笑)

この中で、私たち 「いただきます。」 で提供されている、そして、私たちの直営牧場で育てている羊肉は 「サフォーク種」 と呼ばれる種類です。

これは、イングランド南東部のサフォーク州が原産で、顔と足は黒い毛でおおわれているため 「パンダ羊」 と呼ぶ人もいるとか。

肉は余分の脂肪がなくて赤肉が多く、肉質に優れています。

つまり 「サフォーク種」 は 「食べるために育てられる高級な種類」 ということです。

ジンギスカン 羊飼いの店
いただきます。
オーナー 中島康晴 からの
「感謝メッセージ」

投稿日:2015年9月21日 更新日:

 キーワード ページ内 検索

 「NEW」 販売パートナー制度

飲食店 ブランディング 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平 ブログ 口コミ クチコミ

 「ノウハウ満載」 専門家ブログ

 ノロウイルス対策

ノロウイルス対策 次亜塩素酸 殺菌水 酸性水 札幌 外食ビジネス専門家 有限会社ファインド 太田耕平

 Facebook