札幌市「食品販売T」様>新販売チャネル開発プロジェクト

◆ STEP1>オリエンテーション(ヒアリング)

    いま、何が起きているのか?
    会社が把握している、<売上の推移><客層の変化>
    <新しいお客様とリピーターの比率><新しいお客様をGETできない理由>
    <リピーターを失なっている理由><売れ筋商品の変化>
    <競合他社の状況><ロケーション特性(外的な要因)>など

◆ STEP2>現在実行中の4種類の販売チャネルを整理

    販売チャネルに優先順位をつける
    <積極的に拡大する販売チャネル>を明確にする
    (他の販売チャネルへの加重を小さくする)

◆ STEP3>期間や数値を入れた「総合目標」を決める

    ①3~6ヶ月間程度の「短期目標」
    ②6ヶ月~1年間程度の「中期目標」
    ③1~2年間程度の「長期目標」を定め
    それぞれに数値を加えて「戦略的フォーカス」とする

◆ STEP4>3種類の期限別に「具体的な作戦」をプランニング

    具体的な作戦を実行するため、6部門程度のグループをつくる
    さらに、目標達成のために協力が必要な、外部関係者も巻きこむ
    そして、6部門程度のグループそれぞれから、部門別に考えられた、
    「期限と数値の入った目標」が提示される

◆ STEP5>実際に活動が開始される

    それぞれの活動に関して、効果をデータ(数値)化する

◆ STEP6>出てきた効果(データ)から何を読み取るか?

    そのデータを土台に、プランを改善して、さらに実行する


    1~2ヶ月間程度で行動を開始し
    ①3~6ヶ月間程度、②6ヶ月~1年間程度、③1~2年間程度という、
    3種類の期限を設定した目標を追い求める(同時進行)


お問い合わせは、コチラから

投稿日:2012年3月5日 更新日:

 キーワード ページ内 検索

 「NEW」 販売パートナー制度

飲食店 ブランディング 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平 ブログ 口コミ クチコミ

 「ノウハウ満載」 専門家ブログ

 ノロウイルス対策

ノロウイルス対策 次亜塩素酸 殺菌水 酸性水 札幌 外食ビジネス専門家 有限会社ファインド 太田耕平

 Facebook