「プロフェッショナル・広報PR担当者」 … 3ヶ月間・短期集中 「養成」 プログラム


フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平

※ 店舗数2店舗~50店舗くらい規模の
「サービス業種の企業様向け」 プログラムです

 

 「プロフェッショナル・広報PR担当者」
 3ヶ月間・短期集中 「養成」 プログラム
3ヶ月間で
広報 (PR) ・ 広告 (AD) を担当する
「プロフェッショナル・スタッフ」 を、養成する
 「広報PR担当者」 とは?
「プロフェッショナル・広報PR担当者」 は
今あるビジネスへ 「何をもたらす」 のか?

① 集客UPへ貢献する
② 経費削減にも貢献する
  (外注が減り、自前で出来る)

 短期集中 「養成」 プログラム【5ステップ】内容
【STEP1】
広報 (PR) についての基本セミナー

↓ ↓ ↓

【STEP2】
ブログ&SNSを記事制作するワークショップ

↓ ↓ ↓

【STEP3】
広報 (PR) を設計する

↓ ↓ ↓

【STEP4】
初期段階での O.J.T. を実施

↓ ↓ ↓

【STEP5】
熟成させるための O.J.T. を実施

 【STEP1】
 広報 (PR) についての基本セミナー
① 売上とは?=客数×客単価
② 客数とは?=新規客+リピート客
  ◎どうして新規客が来るのか?
  ◎どうしてリピートするのか?
  ◎どうしてリピート頻度が上がる (下がる) のか?
  ◎どうしてお客様を失なうのか?
③ 広告と広報 (PR) の違いは?
  ◎広告には、どんな活動があるのか? (WEB以外も噛み砕いて)
  ◎広報 (PR) には、どんな活動があるのか?
④ 広告の役割は何か?
  ◎どの分野にどのような貢献をするのか?
⑤ 広報 (PR) の役割とは何か?
  ◎どの分野にどのような貢献をするのか?
⑥ いろいろな WEB サービスの、強みと弱みを理解する
⑦ 常に、経営者の理念やコンセプトをベースとする
⑧ ストロングポイント (強い部分) をつかみ取る
  ◎自社が伝えたいストロングポイント
  ◎お客様が 「ビクッ」 とするストロングポイント
 【STEP2】
 ブログ&SNSを記事制作するワークショップ
① 何のためにブログ (SNS) を書くのか?=目的
② ブログ (SNS) 効果の目標は?=数値
③ タイトルの作り方
④ 本文の作り方
  ◎ 一般社会で起きていること or 一般社会で見つけたことと
  ◎ 自分 (自社) がPRしたいことを結びつけて (引用して)
  ◎ コラムをつくる
⑤ 写真の撮影・トリミング・配置・オルタネート
⑥ フッターの目的・フッターの設置
⑦ 記事のレイアウト (デザイン)
⑧ 投稿時間について
⑨ 他サービスとの連携について
 【STEP3】
 広報 (PR) を設計する
① ゴールで何を起こしたいか?
② 目的と目標を明確にする (数値入り)
③ 現在の広報 (PR) を見直す=断捨離
④ 新たに6ヶ月間の広報を設計する
 【STEP4】
 初期段階での O.J.T. を実施
① PCやタブレットを使ったWEB会議を活用する
  ◎経費が許せばリアル会議 (Face to Face) で
② 過去に投稿されたブログやSNSを見ながら参加者で議論をする
  ◎もっと良くする・もっと伝わるために
  ◎会議の議長は、外部の専門家 (プロ) が担当する
  ◎再編集して再投稿する・写真を入れ替える
  ◎タイトルを変える・文章を変える・レイアウトを変える
③ 同様の O.J.T. を紙媒体部門でも行なう (フライヤーなど)
 【STEP5】
 熟成させるための O.J.T. を実施
① PCやタブレットを使ったWEB会議を活用する
② 過去に投稿されたブログやSNSを見ながら参加者で議論をする
  ◎もっと良くする・もっと伝わるために
  ◎会議の議長は外部専門家 (プロ) が担当する
  ◎再編集して再投稿する・写真を入れ替える
  ◎タイトルを変える・文章を変える・レイアウトを変える
③ アクセスデータを管理&分析する
  ◎より一層 「リーチの強い」 広報 (PR) へと熟成させる
④ 同様の O.J.T. を紙媒体部門でも行なう (フライヤーなど)
 プログラムの進行計画
1ヶ月間に2回の訪問
(セミナー&レッスン=休憩あり3時間/1回につき)

上記以外に 「WEB会議」 を使用した
補習的なレッスン (必要回数)

 3ヶ月間・短期集中 「養成」 プログラム【費用】
① 参加者2名様まで … 月額9万円×3ヶ月間
② 参加者4名様まで … 月額12万円×3ヶ月間
③ 参加者5名様以上 … 別途お見積りとなります

 
 

 
セミナー 講演会 フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平
サポート料金ご案内 2015年7月 フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平


«
»
 
 ★ 関連すると思われるページ