飲食店 ブランディング 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平 ブログ 口コミ クチコミ 食ビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平 ブログ 口コミ クチコミ フードビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平 ブログ 口コミ クチコミ 飲食店 ブランディング 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平 ブログ 口コミ クチコミ 食ビジネス 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平 ブログ 口コミ クチコミ

チャージ型の電子マネーカード

★ iPhone|Android の方は下記から
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.jagajaga.jp/index.php/chargecard-info-smart/

 

★ 結論だけを書きます。
妄想ではありません。勝手な憶測でもありません。
400社以上・3万店舗以上が
「この仕組み」 を導入して
実際に、結果が出ています
そして、ほとんどの店舗が、途中で、この 「仕組み」 を止めていません。

 
 

大企業だけの 「特権」 ではなくなった
【 チャージ型の電子マネーカード 】

札幌 外食ビジネス専門家 有限会社ファインド 太田耕平

「カード」 と聞いたら …
どんな 「カード」 をイメージしますか~?

▶ 消費者側の立ち位置から
▶ 何かのサービスを提供する側の立ち位置から

◎ クレジット・カード
◎ スタンプ・カード
◎ ポイント・カード
◎ メンバー・カード

世の中には、信じられないくらい
多くの 「カード」 が存在しているわけですが …

★ 今もっとも 「旬」 なのが

【 チャージ型の電子マネーカード 】

① 先に現金をチャージする 「プリ・ペイド型」

… ▶「nanaco」= ナナコ (セブンイレブングループ)
… ▶「waon」=ワオン (イオングループ)

② 後から現金を支払う 「ポスト・ペイ型」

… ▶「QUIC Pay」= クイックペイ (JCBグループ)
… ▶「iD」=アイディー (ドコモグループ)
 

★ 高島屋の商品券も、チャージ型の電子マネー

札幌 外食ビジネス専門家 有限会社ファインド 太田耕平

★ 全国共通百貨店商品券も、チャージ型の電子マネー

札幌 外食ビジネス専門家 有限会社ファインド 太田耕平

★ 左の画像は 「TSUTAYA」 の店内
★ 右の画像は 「セブンイレブン」 の店内

札幌 外食ビジネス専門家 有限会社ファインド 太田耕平

ちょっとでも売れなくなると
すぐに店頭から商品が消える (廃番になる)

あの 「セブンイレブン」 の店内で
これだけの 「売り場面積を占有」 して
販売されているわけです (笑)

これほど多くの大企業たちが
こぞって、軒並み 「チャージ型カード」 へ切り替え
そして、「チャージ型カード」 を、強力に販売する!のは
何故?どうして?… なのでしょうか?
 

大企業たちは …
チャージ型の電子マネーカードへ
強烈な未来を感じているからに他なりません!

 

そして、いずれの 「チャージ型カード」 も

◎ そのサービスを提供する企業も
◎ その仕組みを導入する企業も

誰もが知ってる
巨大な企業が、豊富な資金力を背景に!

そのようなイメージかもしれませんが …

巨大企業だけの特権ではなくなったチャージ型カード600

★ 中小企業や個人店でも
★ 容易に【チャージ型のカード】導入できるようになりました。
 

中小企業・個人店の ”絶対的な” 強み!

さて、いま来ているお客様を
リピートさせるパフォーマンス力は

中小企業・個人店の方が強い!
… 大企業よりも、上まわっています!

ひとりひとりのお客様を大切にし
ひとりひとりのお客様へ細やかな対応ができる!

それが、中小企業や個人店の強みでもあります。

 

とっても近い、数ヶ月後の未来を
想像してみてください!

自分が経営する
中小企業や個人店に訪れるお客様の
10人に1人、または、10人に2人くらいが …

自分が発行した 「チャージ型カード」 を使用して
笑顔でお支払いしてお帰りになっているイメージ!
 

まさに、自分ブランドの電子マネー
【 ハウス・カード 】 を、お客様が持つ!イメージ

自分ブランドの 「ハウス・カード=チャージ型」 を
お客様たちが持っている&使用できることによって

3ヶ月後・6ヶ月後・1年後・2年後の
自分ブランドの未来に、いったい何が起きるのか?

そして、これだけ多くのカードが存在する中で
自分ブランドの 「チャージ型カードを持つ」 という
その理由は何でしょうか?

 

札幌 外食ビジネス専門家 有限会社ファインド 太田耕平

★ ポイント・カードの 「ポイント」= ある意味では 「負債」
★ チャージ型カードの 「チャージ」= ある意味では 「資産」

 

賢明なオーナーさんや現場監督さんなら
上記の 「2行の文章」 だけで

【なるほど~】と思われるかもしれませんね (笑)

そして、自分ブランドの【ハウス・カード】
=【チャージ型カード】を導入することによって
 

「新しい販売チャネル」 が生まれます!

「新しい販売チャネル」 って、どういうことか~?
 

★ 今すぐ、下記からお問い合わせください!

最適な導入プランや
導入コスト&ランニングコストなどについて
そして、もちろん 「その効果の予測」 など
すぐに、ご説明に、おうかがいします!
 

重ねて【チャージ型カード導入】で
下記のような効果が予想されます!

① 来店頻度のUP!
② 客単価のUP!
③ レジ精算時間の短縮 (合理化)
④ ギフトカード化による新規顧客の獲得
⑤ 前受け金による資金繰りの良化
⑥ 紙の商品券のような経理管理が不要
⑥ その他もりだくさんの効果

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 他店や他社が導入して
 世の中のスタンダードになってからでは
 その効果も弱まってしまいます

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 
目からウロコの追加資料
 

投稿日:2014年7月11日 更新日:

 キーワード ページ内 検索

 「NEW」 販売パートナー制度

飲食店 ブランディング 専門家 研究所 ファインド 札幌 太田耕平 ブログ 口コミ クチコミ

 「ノウハウ満載」 専門家ブログ

 ノロウイルス対策

ノロウイルス対策 次亜塩素酸 殺菌水 酸性水 札幌 外食ビジネス専門家 有限会社ファインド 太田耕平

 Facebook